ISMコイン保険プラットフォーム

ISMコイン保険では、契約者は有効期間が終わるまでいつでも、担保トークンを担保価格で売ることを選択することができます。

CLAIMとUNCLAIMそれぞれの権益

ユーザーは保険工場で1単位の担保を担保に、CLAIMとUNCLAIMという2つのトークンを生成する。保険工場でクレムとウンクレムを返すと、1単位分の担保をもらう。CLAIMとUNCLAIMには、期限、保証トークン、保証価格などのパラメータがあります。例えば、2021_12_31_10_USDT_CLAIM,代表CLAIMは、claimの保有者が2021年12月31日までにmini 1単位を10 USDTの価格で売ることができることを意味する。

CLAIM + UNCLAIM = 1単位の担保

CLAIM 保有者の権益:

期限前に1単位の保証トークンをCLAIMを通じてXUSDTt価格で売ることができる。(満期後はCLAIMが失効するため、保険付トークンの価値はゼロになる)

UNCLAIM保有者の権益:

1月30日以降、UNCLAIMを通じて1ユニットの担保を取り戻すことができる。

ISMビジネスモデル

マーケットメーカー

マーケットメーカーはCLAIMトークンとUNCLAIMトークンを保持し、これら2つのトークンに流動性を提供します。 マーケットメーカーの主な目的は、鉱業からの流動性と補助金収入を提供する市場作り収入を獲得することです。

マーケットメーカーは、最初にUSDTなどの担保を預けてから、CLAIMとUNCLAIMの2つの保険トークンを受け取り、DEXでCLAIMトークンとUNCLAIMトークンに流動性を提供する必要があります。 マーケットメーカーになると、流動性手数料収入とISMトークン収入を得ることができます。

保険会社

保険会社はUNCLAIMトークンのみを保持し、それらに流動性を提供します。 言い換えれば、保険会社は保険の要求者になるのではなく、主に引き受けています。 プロジェクトパーティは保険会社になり、契約ユーザーに引受を提供することができます。

保険会社になるには、まず担保を預けてCLAIMトークンとUNCLAIMトークンを収集し、次に保有するCLAIMトークンを販売して(プレミアムを取得できます)、NOCLAIMトークンにのみ流動性を提供する必要があります。

保険需要側

保険請求者は、契約の資産のセキュリティを保護する目的でCLAIMトークンを保持します。 保険請求者は保険を購入するユーザーです。保険の購入は非常に簡単で、KYCは不要で、特定の契約のCLAIMトークンのみをDEXで購入する必要があります。

Graph